お灸を教わる上で大事な3つの要素:「個別」「対面」「信頼」

お灸はコツさえつかめば誰でも簡単に、自宅でも楽しめるお手軽な健康法です。それだけに、最初の一回目にお灸についてきちんと学ぶことが重要になってきます。今回は、お灸について誰かに教わる上で大切な3つの要素についてご紹介します。

その3つの要素とは、指導における「個別」「対面」、そして「信頼」です。どういうことなのか、順番に見ていきましょ        う。

 

まずは「個別」、すなわち「マンツーマンでお灸のやり方を教わること」です。お灸で使用するツボは、お灸を受ける本人の状態や体格・性別などの影響を強く受けます。「今の自分の健康状態にあったツボはどこなのか?」「同じ症状に対応したツボがいくつもあるけれど、どれを使用すればいいのか?」個別指導であれば、これらの疑問に即座に、かつ丁寧に対応してくれます。

 

次に「対面」、つまり「実際に会ってお灸のレクチャーを受ける事」です。いくら個別指導と言っても、パソコンのモニター越しにお灸の知識だけを提供されても実用的ではありません。ツボの位置を探る上で皮膚の凹みやツボを押した際の反応に注目する為には、教える側が実際の皮膚に触れる必要があるのです。

 

そして最後の「信頼」。そもそもお灸のレクチャーにおいては、先ほど述べた通り「相手の皮膚に触れる」というステップが必須です。そして、皮膚に触れるという行為は双方の間に信頼関係が無ければ成立しません。必要以上に気を張ったり緊張していてはツボも普段通りの反応を示さないでしょう。この「信頼」こそ、お灸を教わる上で最も重要なファクターと言えるでしょう。

この3つの点を意識すれば、すぐにでもセルフお灸の方法をマスター出来るはずです。お灸は決して難しいものではありません。初めにしっかりとやり方を学んだ上で、好きな時にお手軽にお灸を楽しみましょう!

 

次へ)「訪問型のお灸教室」をおススメする7つの理由

関連記事

  1. ツボの位置には個人差がある?お灸の効果を最大限引き出すポイン…

  2. 1度に80箇所近くも!?効果的にお灸を続けるためのポイントと…

  3. どのツボを使えばいいの?お灸の効果を最大限引き出すポイントそ…

  4. 「訪問型のお灸教室」をおススメする7つの理由

  5. どのツボを使えばいいの?使うツボの数とお灸の効果の関係

  6. ツボ選びに関係する3つのポイントとは?効果的にお灸を行う環境…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.